写真

アナトミック骨盤ヨガ
Anatomical Pelvis Yoga

講師 佐野瑞貴
レベル ★★★★☆
運動量 中級者
”アナ骨” 自力で身体と心の不調改善を目指した、考案者の内田先生が実践していたヨガのスタイル。 内田かつのり先生は「自らの呼吸で身体を動かし、能動的に熱を産生し、代謝促進から不定愁訴を取り除く、代替医療の一つの治療メソッド」と語っている。 現代人の多くが、抱える不定愁訴を基礎体力、筋力の低下が原因と考え、その改善を狙い、骨盤周りにある大きな筋肉にアプローチをかけることを中心におこなうヨガ。 運動不足が原因から来る不定愁訴であれば、受信の治療ではなく自らが動く能動的なアプローチをおこなうため、「キツイ…でも効果は抜群!」といった声で有名なヨガです。